Vol.23-教えて!里選手


野球を始めたきっかけは何でしたか?また、何を考えながら野球をしていましたか?


4歳上の兄が野球をやっていて、練習を見に行った時誘われたのを真に受けて野球を始めました。子どもの頃は上手くなりたい!負けたくない。というのが主です。


子供時代どんな練習をやってましたか?ルーティーンとか、うまくなるための努力とか


もともと肩が強かったので投げる事が大好きで自分が思ったところに投げれるようになりたい!と思ってひたすら家の壁で同じところに当てれるようにと思いながら壁当てをしてました。


野球を続けてきて支えになってきたことはなんですか?


家族の応援が1番大きいです。中学生の頃までは地元にいたので必ず試合の応援に来てくれたし、私が野球を始めた頃というのは女の子が野球をするという事がとても珍しかったにもかかわらずに「あなたのやりたいことをやりなさい」と背中を押してくれた両親には本当に感謝しています。


女子プロ野球入団のきっかけは何ですか?


2012年のワールドカップカナダ大会で初めてプロとアマチュアの混合チームで世界大会に挑んだ時に当日わたしはアマチュアでプレーしていたのですが、プロ選手の考え方や野球をやる環境に惹かれ、選手でやるならとことん上を目指したいという思いから女子プロ野球リーグに挑戦しました。


女子プロ野球選手として気をつけていることはなんですか?


現役でプレーする以上は1試合でも、1日でも長くプレーするためにケガをしないということにはかなり気を遣っています。あとは、女子プロ野球を目指す女の子の目標でもあり身近にやっている現役のプロ選手にも目標とされたいと思っています。

里選手から読者のみなさまへ


花鈴のマウントを読んでくださっているみなさま、いつもありがとうございます。マンガでもあるように数年前までは女の子が野球をやることはとても珍しい事でしたし、ましてや女の子が女子プロ野球選手になれるなんて夢にも思ってませんでした。
現在わたしたち女子プロ野球リーグでは女子野球普及のために少年野球をやっている子供達に指導をする機会がありますが、小学生の女の子が「女子プロ野球選手になりたい」という夢を持っているんです!未来の野球少女の夢の舞台に立てている事が本当に嬉しい事ですし、夢を見る子達のためにいまできる事を精一杯やってもっともっと良い環境を作っていけるように頑張りたいと思います。
女の子だって甲子園。いつか必ず女子の甲子園大会も実現すると信じています!
一緒に女子野球を盛り上げていただけたら嬉しいです。