Vol.11-グラブの種類

形が特徴的なグラブ

ピッチャー用

投手はグラブの中で握り替えをするためにポケットが深くなっています。またグラブの網の部分も完全に覆われている形です。

これは球種を読まれないようにするためで、投手は他にも指カバーをつけることもあります。

キャッチャー用


キャッチャーは、キャッチャーミットを利用するようルールにより定められているが、形状はピッチャーの的になるように丸くなっています。

近年、芯の厚みがなく、ファーストミットのように縦が長く、小型化が進んでいます。これは縦の落差やストレートの微妙な変化に対応するためとも言われています。