Vol.10-硬式野球のボールについて

硬式球について

コルクやゴムなどの材料の芯に、糸を巻きつけて牛皮や馬皮で包み縫い合わせて作成されます。メジャーリーガーの硬式球は日本プロ野球史要求より大きく重くなっています。

直径 72.9mm~74.8mm
円周 22.9cm~23.5cm
重量 141.7g~148.8g
縫い目の高さ 0.9mm
縫い目の幅 8.0mm
縫い目の数 108個
反発係数 0.4034~0.4234

軟式球について

軟式野球は競技をする年齢によって使うボールの大きさ・素材も違い、小学生はC号球、中学生はB号球・・・と学年が上がるにつれ球の直径や重量が変化します。

また、軟式H号ボールと呼ばれる硬式球とほぼ同じ中身で、外側の表面が軟式球と同じ天然ゴムでできているボールもあり、こちらは”準硬式野球”で使用されます。

軟式球A号球

第5話の花鈴が練習に使用していた軟式球はA号球です。

直径 71.5mm~72.5mm
円周 22.5cm~22.8cm
重量 134.2g~137.8g
縫い目の数 108個
反発 80.0cm~205.0cm