第9回 体の描き方

体の描き方

①あたりを描く


まずおおまかに全身図を描く
この絵のことを“あたり(またはラフ)”と言う
この時頭を1として基準に体の長さを決めてから描くといい
(この場合は7頭身)

②関節をつける


首・肩・肘・手首・腰・足の付け根・膝・足首など体の中で主要となる関節部分を足していく

③肉付けする


②で描いた骨格を元に肉付けされた体を描いていく
顔は第8回と同様に
体のパーツも長さの比に気をつけながら描いていく

④完成‼︎

③まで出来たらあとは上から服を着せてペン入れしたら完成‼︎

確かに体の構造とか気にしてなかったなぁ〜…

顔と同様に構造を理解しておくだけで描きやすさが全然違うよ!